エクオールはあくまでも女性ホルモン様の物質が作られる

HRTホルモン補充療法で更年期を治そうとすると乳がんのリスクが上がることが確認されています。
当然、ホルモンを強制的に補充するのですから、どこかにバランスが崩れることがあることは容易に想像できますよね。
なので、個人的にはあまりホルモンをいじるというのは良いとは思いません。

 

女性ホルモンというのはエストロゲンという物質が血液中にどれだけあるか?が問題なのですが、
実は抜け道があるのです。それは女性ホルモン様の成分実際には「エクオール」を増やしてあげれば、
ホルモン補充療法と同様の効果が期待できるのです。

 

エクオールはもちろん、ホルモンではないので副作用はありません。
このように考えていくと、エクオールで体を騙して女性ホルモンとしてつかってしまえばいいものです。

 

エクオールなら、乳がんになるリスクも上がりません。たかだか、健康食品ですから。

 

そもそもエクオールってなに?エクオールってどんな成分なの?

 

 

 

ホルモンをいじる危険性について

今回は、エストロゲンという女性ホルモンを補充する療法ですが、
ホルモンは主に、人間の体がその状況によって作る物質なためにこれを人為的に過剰に補充するということはいいことではないのです。
更年期障害では、他に方法がないのでこういう事をしているのですが、できればホルモンに関しては自然にまかせて置いた方が、
体の中のバランスは保てるものだと管理人は考えています。

 

なので、結果として乳がんになったりいろいろな副作用が起こってくるのです。
神様が調整しているホルモンは下手に人の手で弄らない方がいいのです。

エクオールについて

さて、ではエクオールなら安全なのかというと答えは安全です。
もともと、エクオールは大豆イソフラボンを原料にして、腸内でエクオール産生菌から作られる物質ですから、
非常に安全性の高い体が自ら作る物質です。

 

エストロゲンと比べると雲泥の差といってもいいのではないでしょうか?
そのリスクの差は計り知れないものがあります。

 

このエクオールですが、現在は大豆イソフラボンを取らなくても、エクオールそのままサプリメントで販売されています。
大豆イソフラボンは腸内でエクオールを産生するのですが、実は日本人の場合、2人に1人はエクオールを作れないのです。
理由はエクオール産生菌を腸内フローラの中にもっていないから。
なので、最初からエクオールサプリを飲むことをオススメします。

 

更年期をリスクをなるべく取らずに治したいならば、できるだけホルモン補充療法はやめて、
ホルモンでないエクオールをサプリで摂るということが一番効率的だと思います。

更新履歴